asciiflowで説明図をかく

この記事はSRA Advent Calendar 2016の5日目の記事です。

最近は開発Projectの情報共有のためにオンプレで建てたRedmineやGitLabやconfluence等のチームコラボレーション機能を活用することが増えてきました。(ちょっと前まで、この用途ではファイル共有サーバに置かれたxlsやdocやpptが猛威を奮っていましたが)

記事を書いていて説明に図が欲しいときにどうするかというと、、、

(1)excelやastahで書いた図をbitmapとしてキャプチャして記事中に挿入してみる

af_excel.png

↑こんな図を挿入する。見た目は満足だけど、図中の文字列で検索できないのが悩み。

(2)asciiアートで図をかく

↑書くのが辛い。それよりも一旦書いた図を編集するときがもっと辛い。もうひと押し。

(3)asciiアートの入力&編集ツールを使ってかく

→asciiflowというツールが有る。JavaScriptで書かれていてdownloadしておけばオフラインでも利用可能なので企業内向き。

ここから→ https://github.com/farss/asciiflow2 (オリジナルからのFork。マルチbyteコードが扱える)

zipファイルをダウンロードして任意の場所に解凍後、index.htmlをWebブラウザで開けば起動

af_input.png

上に並んだアイコンを使って入力&編集

af_clip.png

右上の上矢印アイコン押下でasciiアート出力。これをコピーして記事へペーストすればよい
(下矢印はasciiアート取り込み。出力と逆に記事の図をコピーしてきてペースト)

等幅フォントを使えるサービス/手元の環境(ブラウザ等)でないと残念な表示になりますが。

                                +------+    +--------------+
+---------------------+         |      <----+メインループ.c|
| コンポーネント      |         |make  |    +--------------+
|  +---------------+  |         |      |
|  |メインループ.so<------------+      |     文字入力
|  +---------------+  |         |      |     X
|  +---------------+  |         |      |     Y
|  |モジュール.so  <------------+      |     Z
|  +---------------+  |         |      |
+---------------------+         +------+
広告

投稿者: naohisatw

プログラマ兼農夫. Android名古屋つ部員たまに東海GTUG. 組込みlinux向けにCアプリケーションを書くのがメインだけどJavaScriptとかもちょっと組込む. Project環境の整備が趣味(AgilePMやらRedmineやらHubotやらGitLabやら.)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中